狭小住宅

狭小住宅で平屋は後悔する?2階建て・3階建てとの比較

狭小住宅で平屋は後悔する?2階建て・3階建てとの比較

自分の持ち家を持つことは多くの場合人生の目標の一つであり、とても大きな額を扱うため非常に決断に悩む買い物です。そしてそんなマイホームに狭小住宅を選択する人が増えてきています。一見狭いというデメリットが大きく感じてしまいそうですが、2階建て3階建てにすることで低い坪数でも快適に済むことが可能です。今回は狭小住宅を複数階建てで建てる事について解説します。狭小住宅とは?

狭小住宅の間取りアイデア!リビングや収納で気を付けたいポイントとは?

狭小住宅の間取りアイデア!リビングや収納で気を付けたいポイントとは?

狭小住宅は、面積の狭い住宅のことを意味します。狭小住宅を建築するときには、面積の関係で様々な制限を受けることになるでしょう。特に、リビングや収納が狭くなりやすいという問題が生じることがあります。では、どのようにリビングや収納を設計したらよいのでしょうか。そこで、より快適なリビングにするための方法や、十分モノを収納できる空間の作り方などを説明します。【狭小住宅の間取りポイン

狭小住宅を注文住宅で建てると費用は割高?10坪や15坪の事例

狭小住宅を注文住宅で建てると費用は割高?10坪や15坪の事例

都心に住まいを建てる場合、土地の価格が高いこともあり、10~20坪程度の狭小住宅を検討する方も多いでしょう。また、住宅購入資金を貯めきれていない若い世代が狭小住宅を建築するケースも増えているようです。しかし、一般的に狭小住宅は土地の狭さの割に建築費がかかるといわれています。狭小住宅を注文住宅で建てる場合の費用の現状と割高の理由についてまとめました。

狭小住宅は恥ずかしい?バカにされないための6つのコツ!

狭小住宅は恥ずかしい?バカにされないための6つのコツ!

住宅を購入したい時、交通や生活に便利なところを希望すれば土地の価格が高くなるので、資金があまりない場合はどうしても狭い土地を購入することになります。すると建てられる住宅も自ずとコンパクトなサイズになってしまうのですが、「狭いから住みにくい」と思わなくてもよいように、狭い土地でも住みやすい家にするにはどのようにすればよいでしょう。①部屋の仕切りを少なくする