狭小住宅で平屋は後悔する?2階建て・3階建てとの比較

狭小住宅で平屋は後悔する?2階建て・3階建てとの比較

自分の持ち家を持つことは多くの場合人生の目標の一つであり、とても大きな額を扱うため非常に決断に悩む買い物です。そしてそんなマイホームに狭小住宅を選択する人が増えてきています。一見狭いというデメリットが大きく感じてしまいそうですが、2階建て3階建てにすることで低い坪数でも快適に済むことが可能です。今回は狭小住宅を複数階建てで建てる事について解説します。

狭小住宅とは?

狭小住宅とは、読んで字のごとく狭いスペースに建てられる住居のことを指します。広さはおよそ15坪前後とされており、必然的に坪数が少ないので土地代を浮かせられるのが大きなメリットです。ただし多くの場合当然ですが左右を家に挟まれており、狭い坪数を無駄なく活用する必要があるため隣家との距離が近くなり、それに伴って騒音対策などはしっかりと施す必要が生じます。しかし狭小住宅の建設件数は増えており、それらの建設を得意とする建設会社などもありますので、狭さを感じさせない工夫や快適に住める構造なども多く編み出されています。

狭小住宅を平屋で立ててしまうのは危険?

狭小住宅は文字通り狭い坪数に立てます、これをもし平屋で立てようとしてしまうと家に必要な他設備などと居住スペースの奪い合いになってしまいます。台所、洗面所、風呂、トイレ、居間、寝室、布団を仕舞う押入れなどなど、これらを無理やり平屋の15坪に押し込めると一つ一つの間取りが非常に狭くなり、窮屈な家になってしまいます。特に収納スペースの問題は大きく、季節ごとの洋服やストーブ、扇風機といった季節によって使ったり使わなくなったりする家電、靴箱などなど普段意識することは少ないですが、使わないものを一時的に入れておくスペースというのは私達の生活に無くてはならない物となっています。

平屋の問題の一つに、ベランダがないという事も挙げられます。ベランダがないと洗濯しても部屋で乾かすしかなくなりますし、それでは生乾きになってしまいます。風通しを良くするために窓を開けて乾かすとなると外出は出来ません。ベランダで洗濯物を干すというのは、朝洗濯して干し、風に当てられる状態で帰宅するまで放置できるのが大きなメリットです。狭小住宅の平屋はそれが難しいので日常的な洗濯が難しくなり、持ち家での利点が一つ失われてしまいます。

狭小住宅を2階建て・3階建てで建てるメリット

以上のことから狭小住宅を平屋で建てることの問題点は分かりました。では複数階建てでのメリットは何が挙げられるでしょうか?そのひとつに大幅に増える収納スペースがあります。2階建て3階建てにするということはその分倍数的に敷地が使え、更に階段の下も収納スペースとして活用できます。また複数階にすることでそれぞれの階に役割やテーマを決めて運用することが出来ます。例えば1回は料理や洗濯、お風呂、居間など毎日の生活に必要な事をまとめて済ませられる間取りにし、2階には寝室やクローゼットなど休むための部屋を集めて、3階には書斎など静かさが必要な部屋を集めるなど、目的に合わせた使い分けができるようになります。

2階建て3階建てのメリットには外から侵入できないベランダを設けられることがあります。隣家に面していないスペースに小さいながらもそういったスペースを設けることで洗濯物を干したり、ガーデニングに活用することができます。または外からの侵入が難しい高さなら窓を開けて風通しを良くして部屋の中でも洗濯物が乾きやすい状態にしたまま出かけることもできます。風は地上近くよりも高い位置のほうが強く吹くため、洗濯物の乾燥効率に関しては大きな違いが見られます。

また高い階層は周囲の高い建物に光が遮られにくいこともあるため、休日に陽の光を浴びながらリラックスした時間を過ごす上でもとても重要です。

狭小住宅を立てる際に注意すべきポイント

狭小住宅は土地代が安く済み、2階建てなどにすることでスペースの問題もある程度解消できることがわかりました。しかしいくつか注意すべき点もあります。まず狭小住宅は確かに土地代は安く済むのですが、実は工費が高くなるという落とし穴があります。これは狭い坪数のエリアに家を建設しなければいけないことが原因となっています。多くの場合は左右などに隣家があるため、大型の重機を動かすスペース的な余裕がありません。このため重機ならすぐに済む作業も人力で行う必要があり、人件費が大きく掛かってしまうのです。

また狭小住宅は狭いを活かすために、多くの場合において坪数いっぱいいっぱいの所まで家を広げることになります。必然的に隣家との物理的な距離も近くなり、地震などで家が揺れた際に隣家に接触してしまう危険性があります。そのため地震が起きても家のしなりや揺れ幅を狭くするための特殊な耐震施工などが求められます。また近いために音も隣に届きやすいので防音設備も必要となるでしょう。これらのことから、坪数は安いのですが、狭い坪数の問題を解消するために家自体の質を上げる必要があり、土地代が安く上がったぶんと、工賃が上がった分で最終的にどのくらいの額になるか、というのを事前にしっかりと確認しておく必要があると言えます。

狭小住宅でも複数階建てなら広々快適

狭小住宅というとネガティブなイメージのある字面になってしまいますが、実際には工夫次第でとても快適に過ごすことが出来ます。また狭小住宅の建設数は年々増えており、それらを請け負う建設会社のノウハウなども蓄積されて居ますので間取りの提案なども現在では幅広くなっています。家を建てようと悩んでいるなら、一度実際に狭小住宅の見学をしてみてはいかがでしょうか。